ペットは親子同一。よく聞く単語ですよね。
我が家でもペット(犬)を飼っているので、同感できます。
数日手前ですが、ペットにまつわる現代を象徴するような文を耳にしました。
眩しいがっていた「うさぎ」が診断手落ちにより落命。持ち主が病棟を訴えた文だ。
人間の世界では珍しくない事です。あってはならない事ですが、よくある文だ。
ですが、これが鳥獣病棟にまで波及してくるとは・・私にとっては興味がある話題です。
鳥獣病棟は、見立てやお金の面では非常に不確か所が多いです。
病棟の回数が低いのもありますが、納得する見立てがされていなかったり、金額が高額であったり・・鬱屈に想う持ち主も多いはずです。
今回の判決は、病棟側に非があったようで、持ち主へ40万円程が支払われたようです。
40万が多いか安いかは分かりませんが、今回の事例が多少なりとも鳥獣病棟のイノベーションや診断の強化の役にたってほしいと願わずにはいられません。
ペット保険の支出もだいぶあるようです。ヒト一緒、鳥獣の市場にも高度診断やスペシャル病棟、備品投機が求められる時代になってきました。
持ち主の”鬱屈”や”迷い”が多少なりとも解消される鳥獣診断をめざしてほしいと思います。